体重と見た目

ダイエット

体重を減らすことに夢中になるダイエットはあまりお勧めしません。

写真にとって自分を客観的にみてみよう

全身がうつる鏡で今の自分を写真に記録してみてください。写真に撮ることで現実を客観的に見ることができます。

前からの姿はもちろん、後ろ姿、横からの姿、ひととおり写真にとってみると自分の体型をどんなふうにしたいかが見えてきます。

ボディメイクを楽しむための第一歩です。

定期的に写真を撮る

毎日鏡で体型チェックします。そして定期的に写真に残して下さい。その後もどんどん写真を撮って成果を見比べてみて下さい。

ボディメイクが上手くいくと見た目が変わっていきます。変化を見ることでモチベーションもどんどん上がっっていきます。そしてそれを維持したい、さらに上を目指したいと成長したくなります。写真で客観的に見ることで、部分的にこうしたい、という願望も出てきます。

写真を比較して自分の頑張った成果を見ることで自信が持てるようになります。

体重は数字でしかないと思ってみて

体重はあてになりません。その日の体内水分量でいくらでも変化します。そして体内水分量が変わると体脂肪率も変わります。

毎日同じ時間で体重を測り目安にしても、1キロぐらいの増減は前日に食べたものやその日の体調によって変わります。

体重を目安にしつつ見た目からの体型の変化にも気をつけてダイエットすることがダイエットへの近道です。

タイトルとURLをコピーしました