おすすめ!プラントベースを今すぐ実践したくなる本【PLANT POWER】

プラントベース

「PLANT POWER」は本場アメリカ・ロサンゼルスでパーソナルトレーナーをしているMarieさんによるプラントベースを選ぶ理由を科学的エビデンス紹介とともに書かれたおすすめの一冊です。

プラントベースは世界中で注目されているほぼ完全菜食をする食事方法です。お肉を食べるイメージが強いアメリカでも心臓病や動脈硬化などの病気の予防を目的にプラントベースを取り入れる人がたくさんいます。日本でも注目されていますがMarieさんのように日本語でプラントベースを解説している本はまだまだ少ないと思います。

\こんな人におすすめの本です/

・プラントベースに興味があるけど何から始めればいいかわからない人

・病気の予防や健康のために食事の制限やダイエットを考えている人

・環境問題や食糧問題から個人でも何かしたい・何かできる事はないかと考えている人

「PLANT POWER」でわかること

私は2022年の夏、健康診断から乳がんが見つかりました。当時はなぜ私が???いったい何がいけなかったの?と色々考えこんでしまいました。でも原因は考えてわかるものでもなく後悔しているだけでは何も変わらない思いました。私はこれから何ができるのか何をするべきなのか・・・そんな時私がお世話になっているパーソナルトレーナーのmanamiさんから「抵抗あるかもしれないですがいろんな疾病から軽減もしくは解放された方が数多くいる食事法です。検討してみて下さい。」とこの本をプレゼントしてもらいました。

今ではこの本に出会えてプラントベースという食事法を知ることができて良かったと思っています。この「PLANT POWER」には身体に合った食事の方法、注意点、考え方が書かれています。

\この本でわかること/

★プラントベース(ホールフードプラントベース)という食事法を選ぶ理由

★加工品のデメリット

★植物の栄養

★プラントベース(ホールフードプラントベース)の実践方法

★プラントベースの献立サンプル

「PLANT POWER」で菜食に対しての考え方が変わります

私は筋トレが好きなので、筋肉の源であるお肉や乳製品を食べない食事方法を自分が実践するなんて考えられませんでした。

よくある誤解ですが、菜食・ヴィーガン・プラントベースの人たちは、野菜とサラダしか食べないわけではありません。食材が全て植物性というだけであり、肉や魚を食べている人たちと同じような料理を食べています。

PLANT POWER /Marie

この本にはハンバーガーやラーメン、スイーツなど写真がたくさん載っているのですが全て100%植物性なんです。どれも美味しいそうでプラントベースが「サラダだけしか食べれない」というのは誤解だということはすぐにわかります。

「PLANT POWER」はプラントベース(ホールフードプラントベース)がただ野菜しか食べない食事法ではなく環境問題や食糧問題、病気リスク、動物性の食事、加工品の身体への影響など詳しく書かれています。

この本を読んで、植物性の食事により避けることができる身体への負担や影響を知り、私のがんの再発や転移のリスクが少しでも軽減されるかもしれないと希望を持つことができました。

プラントベースを実践するときの注意

全てを完璧に実践しようとしないこと、これにつきます。

「PLANT POWER」に書いてある実践方法はホールフードプラントベースです。

ホールフードプラントベース:動物性食品全般だけでなく、植物油など加工度の高い食品を完全に、またはほとんど排除する食事法

1•植物性の食材をホールフードの状態で幅広く食べる

2•サプリメントでビタミンB12を補給する

ホールフードとは「天然の形状にできるだけ近く、加工の度合いが極めて低い状態の食材・食品のこと」

PLANT POWER/Marie

ルールは簡単なのですが皮を食べることができる野菜や果物はまるごと食べた方がいいので農薬を気にするとオーガニックの物を選びたくなりますし、加工品もなるべく使わない方がいいので油をなるべく使わない、料理に欠かせないソースやタレ、ドレッシングも手作りすることが望ましくなります。

私は本に載っている全て実践したいと思う気持ちと仕事や食費の限界もあるし無理だよ・・・と思う気持ちで一度挫折しかけました。

最初から全てを実践するのではなく、まずはお肉・乳製品を食べることをやめてみました。すると少しずつ体に変化が現れてきました。

体に変化が現れると意識も変わり、さらにホールフードプラントベースに近い食事方法を試したくなりました。

こんな感じで少しづつ自分に合ったやり方を見つけながら徐々に植物性の食事に移行していくことで継続もしやすくなると思います。

Marieさんも「まずは1週間どころか1日や1食からでもよいので気軽に始めてみましょう」と言っています。

大切なのは身体に良い食事方法を長く続けることです。まずは自分ができる範囲、持続できそうな範囲から実践して継続の近道を作って下さい。

プラントベースを実践してみて感じたこと

たくさんの量を食べることができる

私が「PLANT POWER」に載っていることを実践して一番最初に感じたことは、こんなに食べていいの?です。

筋トレが好きな私は体づくりのために以前からカロリーや栄養バランスに気をつけていました。タンパク質や脂質など栄養を動物性の食事と同じ量を摂ろうとすると植物性の食事の方がたくさんの量を食べることができるんです。

糖質が高くなりますが野菜や果物、玄米などの糖質は食物繊維を摂ることができるので白米や砂糖の糖質とは違います。

実際いつもお腹いっぱい食べているけれども体重は変わりませんでした。それよりも少し減ったぐらいです!私がまだプラントベースを知る前にパーソナルトレーナーさんにお願いして減量した時は慣れるまで空腹との戦いだったことを思い出してもっと早く知り実践したかったと思いました。

食べながらダイエットができる理想の食事方法です。

身体への負担が少ない

たくさん食べるようになりましたが胃もたれ知らずです。

もともとグラタンやパスタなどお肉とチーズを使った料理が大好きだったのですが、食べ過ぎて胃もたれしてしまい食べたことを後悔することがよくありました。ところが100%植物性の材料で作るとお腹いっぱいに食べても胃もたれをしなくなったんです。

使った調理器具や食器の洗い物がすごく楽になります。同じ油でも動物性と植物性では全然違うことが実感できると思います。これが体の中でも起こっているのかと思うと胃もたれしなくなるのも納得できます。

加工品や食品添加物なども避けるようになるので砂糖や人工甘味料、化学調味料などを摂取する機会が減りました。病気の発症リスクを下がることも期待しています。

便秘知らずで肌にもいい影響が

たくさん食べるようになり、食物繊維をたくさん摂取することになって便秘とは無縁になりました。

以前はサプリメントのイヌリンという水溶性食物繊維を摂っていたのですが、プラントベースにすることで水溶性食物繊維と不溶性食物繊維を食べ物から摂れるようになりました。

野菜を食べる量が増えたことで身体に必要な水分も多く摂れるようになり、適度な運動もしているので便秘解消につながったんだと思います。

便秘をしなくなると身体にも嬉しい変化が現れました。まずお腹まわりがスッキリしました。それから肌荒れがなくなり肌も綺麗になりました

環境問題や食糧問題について考えるように

私一人が食事を変えるだけで何が変わるの?という考えから今私ができることをして少しでも未来の地球環境が良くなることを願うようになりました。

畜産が環境に与える影響や食糧問題を知ることは今までなんとなく知ってるけど実感ないなぁと思っていました。でも実際には地球環境の問題は何度もニュースになっていますし、現実に森林伐採や地球温暖化も起こっていることです。

「PLANT POWER」にはそれらの問題についても書かれていて、少しでも多くの人がプラントベースの食事法を取り入れる必要性について書かれています。

私も少しでもいいから環境問題・食糧問題について自分ができることから参加したいと思えるようになりました。

著書プロフィール

Marie

1982年生まれ。2001年渡米。

ロサンゼルスのジムに所属するパーソナルトレーナーとして科学的エビデンスに基づいた運動と生活習慣を行う。専門は姿勢改善と女性のフィットネス。

スマートウォッチのFitbitプレミアム動画にも出演されています。

Marieさん公式ホームページ>>

公式ホームページには電子書籍版があります。

\ボタンからの購入で20%OFFになります!/

「PLANT POWER」は絶対にお得な本です。

「PLANT POWER」はプラントベースの食事方法だけでなく始める意味や考え方、メリットなどたくさんの情報が入っていて、菜食を始めようとする初心者の人から上級者まで幅広い人が興味深く楽しめる本になっています。

興味を持った人はぜひ読んでみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました