【PFCバランスダイエット】アプリを使った食事管理の方法

ダイエット

ダイエットを決意して適正な食事の量と適正な食事のバランスに興味が持てたら、PFCバランスに沿った食事に挑戦してみませんか?

慣れが必要ですがアプリを使えば簡単に管理する事ができます。

目標にあったPFCバランスとアプリを選ぶ

目標の体型によってめざすPFCバランスは人それぞれ異なります。ネットに身長、体重、活動量、目標体重等を入力すると目標別にPFCバランスを自動計算するツールがあります。

わたしはカロミルというアプリを使っています。たくさんの食べ物のデータがあり、無いものもマイメニューで簡単に作成することができるのでより正確に食べ物の量を管理できるのでオススメです。

食事の見直しのために

1日に自分が食べている量を計算してみる

そこでまず自分が食べているものがどんなバランスになっているかを知り、何を改善するべきかを知るために、1日の食事の分量を量ってみましょう。

一つ一つ食べる物の分量をスケールを使って量りアプリに入力していきます。正確に知るために必要な作業と思って頑張りましょう。

1日にどれだけ食べているかを知ってほしいのでなるべく細かく計量してください。

実際に何を食べ過ぎているかを数字で見る

目標の数値を計算したものをアプリの目標数値に入力すると、自分が普段食べている物の何が足りなくて何を食べ過ぎているのかよくわかります。

私が初めてPFCバランスをチェックした時、塩分と脂質が多かったです。ダイエットを始めた時にこの塩分を減らすのがとても辛かったのを今でも覚えています。日本人は塩分を摂りすぎているとよく言われていますが本当にその通りでした。

バランスが良くなるための食事

私は塩分や脂質を減らすための食事を調べました。

塩分や脂質を減らした食事をしようとすると、自然とヘルシーな食事になっていきました。減塩の味噌や醤油を使ったり、魚を買うときも干物や塩漬けよりも無加工の魚を選んで自分で調理したり、お肉も脂身の少ないお肉を選ぶようになったり。

食物繊維も野菜を食べればいいわけではないと言うことを知りました。もちろん野菜にも糖質があるので食物繊維をたくさん摂りたいといっぱい食べるとご飯が少ししか食べれなかったりします。

そこで食物繊維が多めに摂れる玄米にしてみたりさつまいもを取り入れてみたり、試行錯誤してバランスを考えました。

自分でバランスよく食べているつもりでも実際に計量してみると意外と多すぎたり少なすぎたりします。でも現実を数字で見ることによって自分が改善すべき食生活を知るきっかけになります。

ぜひ自分の食生活を見直すためにも今の自分の食べ物のバランスを知ってください。

PFCバランスに沿って食事量を調節

身長158cm体重51kgの私の減量中のPFCバランスです。1日の量です。数値は人それぞれなので参考程度にして下さい。

食物繊維と塩分にもついて参考ですが18歳以上の女性の目標食物繊維18g・塩分6.5g未満と言われています。

朝食の入力例です

私は普段の筋トレをしてるので運動量は多めです。減量なので全体的にかなり少なめです。食べる物は全て食べる前にスケールを使って重さを量っています。

この場合脂質が足りないですよね。なのでこの後にMCTオイルを追加しました。こんな感じで1日の食事をPFCバランスの数値に近くなるように食事を調整していきます。

食べ物のPFCバランスに興味を持つ

自分の目指すPFCバランスの数値を決めたら、ある程度の食べ物のPFCを知る必要があります。

食物繊維を増やしたいけど糖質は増やしたくない、どんな食べ物があるかな?ランチでパスタを食べるから朝ごはんはどうしようかな?オートミールが流行っているけどどうかな?タンパク質食物繊維欲しいけれど見つからない、サプリあるかな?などなど、食べたいから調べます。

食べ物のPFCバランスを調べるようになると、自然と栄養の知識が増えていきます。

バランスが合っているからといって身体に悪いものを選ばないでくださいね。目標は健康的に、綺麗になりたいダイエットです^^

食べたい物を食べるために調節

1日のバランスを考えて食べたいものを食べるために調整していきます。

バランスを気にするようになると、コンビニでお昼を買うとき、カップ麺で済ませるよりもおにぎりだけでもなく、タンパク質も入れなくちゃとゆで卵を買ったり食物繊維今日は多めに欲しいからサラダパスタじゃなくきちんとサラダ食べようというようにバランスを意識するようになります。

そして食事に気を使うようになると身体も劇的に変わってきます。食べているものが身体を作っていると実感できると思います。

まとめ

最初は面倒くさいと感じるかも知れませんがまずは行動してみて下さい。

身体に変化があれば、面倒だと思った作業も楽しくなります。もちろんダイエットなので食べる量など我慢する部分がありますが調整さえすれば好きな物を我慢する必要はありません。

ラクして痩せは無いですが辛い、きついと思うことも楽しみながら達成感を味わってみてください♪

タイトルとURLをコピーしました